やすらぎチェアーNO.2

穏やかな気候に育まれた風土で生まれたチェアー。
2008年IFFT 吉田幸義デザイナーによってデザインされた作品。

やすらぎNO,1」よりもアームを長くしました。 アームの部分は、少し丸みを出しているためとてもさわり心地のいい仕上がりになっています。 また、背中の木部分にチェアーを取り出しやすいよう、取っ手を掘っています。 長い間使っていただくための楽しさ、使いやすさも重視したチェアーです。

偶然にも35年前先代が造った椅子を偲ぶデザイン、椅子造りの原点に返れとメッセージに思える作品です。

デザイナー:吉田幸義

瀬戸の家具は、穏やかな瀬戸内の気候のように柔らかさと、控えめながらも美しい曲線が特徴の塚本オリジナルブランドです。 通常の作品より多くの時間が必要ですが、一度触れて頂ければその価値が「一生もの」であることに気づいて頂けるシリーズです。

使用できる木材

  • ウォルナットウォルナット
  • ホワイトオークホワイトオーク

張り地見本はこちら



その他の瀬戸の家具